救命救急

放射線技師の当直ってどんな感じ?

夜勤というと、医師や看護師さんを思い浮かべる方もいますが、僕ら放射線技師にも夜勤があります。

夜勤にもいくつか形態があるのですが、僕は当直という形の夜勤です。

今回は放射線技師の当直がどんな感じか、説明します。

一日の流れ

平日に当直がある場合、朝はいつも通りの時間に出勤します。そしていつも通り勤務します。

当直は17時から始まります。終わりは8時半頃です。

つまり、24時間(以上)病院にいることになります。これは負担になる人、ならない人がいるかなと思います。

仕事内容は?

放射線業務全般となります。

対象患者は救急外来に来た患者さんと、病棟患者さんです。

・腹痛で来た患者さんのレントゲン
・頭痛で来た患者さんのCT
・病棟患者のポータブル撮影
・イレウス管挿入
・急性心筋梗塞(AMI)のカテーテル検査
・超急性期脳梗塞疑い患者のMR

など、幅広く対応しています。

当然、外傷患者や心停止状態の患者さんも多く運ばれてきます。

どれくらい忙しい?

忙しさはその日次第です。

滅茶苦茶忙しい日もあれば、そうでもない日もあります。

時間帯によっても大きく異なります。

「今日は暇だな~(絶対口にしてはいけないワード)」と思ったら、とても忙しくなったりします。

食事はいつ摂るの?

これも人によってバラバラですが、僕は検査が立て込んでいなければ19時くらいに食べます。

前述の通り、忙しいとご飯を食べる暇もないですね。日付が変わるまでまともに休むこともできなかった、なんて日も存在します。

出前を頼むことが多いですが、頼めない時はコンビニへ行きます。

温かいうどんやカップ麺などは、食べている時に仕事が来る可能性もあるので、やめた方がいいです(笑)

当直って寝れるの?

これも結局忙しさ次第です。

忙しくなければ結構寝れます。全く検査が来なかった日は7時間くらい寝てました。

夜中の1時、3時、5時、みたいな間隔で検査の依頼が入ることもあります。

胸のレントゲン1枚で起きることもあるわけですが(それは仕方ないとして)、起きた後は直ぐに寝れないですね。

いつ何が来るか分からない状態で寝ることになるので、長時間寝れたからといって眠くないわけでもないです。

おわりに

当直は24時間勤務になるので、体力勝負な部分が大きいです。

体力をつけることと、当直中の空いた時間をどう使えるかがポイントだと思います。

放射線技師の2人当直について、メリットとデメリットを解説日勤以外の時間は、当直者(準夜~夜勤者)によって成り立っています。放射線技師も当直をやることが多いです。病院の規模によって、1人当直、2人当直、場合によっては3人で当直をする場合があります。今回は、2人当直のメリットとデメリットについて、体験談をもとに解説していきます。...
ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で約4年間働いたのち、クリニックへ転職した診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師・看護師や研修医の方へ向けた内容や、仕事に役立ちそうな話を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。