ニュース

最新の全自動撮影システムを搭載したインテリジェントCTについて思うこと

シーメンスが新しいCT装置の販売を開始しました。

シーメンスヘルスケア(株)は,AI技術を用いて開発された全自動撮影システム「myExam Companion(マイイグザム コンパニオン)」を搭載した,新型シングルソースCT装置「SOMATOM X.cite(ゾマトム エキサイト)」の販売を2020年4月15日より開始する。

シーメンスヘルスケア,AI技術を用いて開発された最新の全自動撮影システム搭載のインテリジェントCT「SOMATOM X.cite」を発売

今回はこのニュースについて感じたことを書きます。

インテリジェントCTって?

myExam Companionにより,あらゆる状況下で患者一人ひとりの状況やニーズに合った最適な画像を,技術者の経験レベルや環境に依存せずに,常に一貫したクオリティで提供できるインテリジェントイメージングを実現する。

シーメンスヘルスケア,AI技術を用いて開発された最新の全自動撮影システム搭載のインテリジェントCT「SOMATOM X.cite」を発売

AI技術によって、CT検査”全体”の自動化を実現したそうです。

患者のポジショニングから画像処理まで

という意味ですね。

この装置には「FAST 3D Camera」というものが天井についており、これによってポジショニングを行います。

まあポジショニングと言っても、真っ直ぐ寝かせたりOM Lineに合わせるのは人間のようですが…

寝台の高さや、スキャノ撮像開始位置までは装置が自動で動かしてくれるようです。

導入するメリットは?

自動化できることのメリットはやはり、

  • 技師に依らず検査(提出画像)の再現性が高まること
  • 作業時間の短縮が見込めること

だと思います。

全自動化されたら放射線技師は要らない?

AI技術の話をすると出てくるであろう、お決まりの質問。

myExam Companionは,患者の性別や年齢,身体的特徴などのデータに加えて,いくつかの質問に回答するだけで,患者に合わせた最適な撮影プロトコルを自動的に作成し検査を実施することが可能*1。検査後は診断に必要な画像や解析結果を自動的*2に作成した後,診断医へ転送する。

*1 最終的な検査プロトコルは,操作者による確認が必要。


*2 あらかじめ技師や医師が定めた設定に従う。

シーメンスヘルスケア,AI技術を用いて開発された最新の全自動撮影システム搭載のインテリジェントCT「SOMATOM X.cite」を発売

つまり、現段階では人間がいないと駄目ということになります。

これはおそらく、将来もずっとそうだと思います。

我々の負担が減り、他の部分に力を注ぐことができれば、より良い環境を作ることができるはず。

ある意味、働き方改革に近い、と考えています。

放射線技師の仕事はAIに奪われるのか?奪われないと考える理由と今後の展望について近年、AI(人工知能)の話題が盛り上がっています。正確には、深層学習の応用といったところでしょうか。 (この記事では分かりやすいよ...

 

ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で働く診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師に向けた内容や、仕事に役立ちそうな内容を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。