一般撮影・ポータブル撮影

胸部レントゲンの撮影条件で抑えておくポイント

先日一般撮影の条件を考えるポイントについて書きました。

胸部レントゲンは撮影頻度が高く、他の部位の撮影とも異なる部分が多いため、改めて解説します。

撮影目的について

撮影目的を簡単におさらいします。
胸部レントゲンは、

  • 肺野、縦郭腫瘍の診断
  • 肺炎、気管支炎などの炎症の診断
  • 心疾患の診断

などを目的としています。

正面、または正面+側面を撮影することが多いです。

高管電圧撮影

胸郭内の臓器は、肋骨や胸椎、鎖骨などに囲まれています。
低管電圧で撮影してしまうと、これらの骨陰影に重複して見えにくくなります。

高管電圧で撮影することで、骨組織と軟部組織の濃度差(コントラスト)が低下し、見やすくなります。
骨陰影をなるべく目立たなくし、そこに重なる血管影や病巣影を見やすくします。

管電圧は120kV程度を使用します。

グリッドを使用

管電圧を高くすると、散乱線量が増加します。
一定年齢以上の胸部レントゲン撮影にて、グリッドの使用は必須です。

撮影距離(SID)は長距離

線束の観点から、各部位の拡大差を小さくします。
また、距離を長くし、半影も小さくできます。

SIDは200cm程度とします。

撮影時間は短時間

呼吸抑制は概ね出来ても、心拍動を止めることは不可能です。
(心拍動を止めてしまったら大変ですよね)

なので、心拍動の影響をなるべく受けないよう、撮影時間を極力短くします。

撮影時間は50msec以下が望ましく、10~20msec程度に設定します。

ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で約4年間働いたのち、クリニックへ転職した診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師・看護師や研修医の方へ向けた内容や、仕事に役立ちそうな話を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。