就職・転職活動

面接を乗り越えるためのマインドを紹介|放射線技師の就活対策

放射線技師に限らず、就活には面接というのが付きものです。

面接に対し苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか。

面接を乗り越えるためには、ある意味ハッタリというか、マインドが必要です。僕の考えを書いていきます。

敵を知り己を知る

面接は戦い

面接はある意味戦いです。

面接官との戦いでもあり、周りの就活生との戦いでもあります。

敵を知る、つまりその就職先について知ることで、その病院がどういう人物像を求めているかイメージしやすくなります。

己を知る、ここが非常に重要です。

面接とは、「自分がこういう人間で、貴院にとって有益な人材である」ということをアピールする場です。

自分のことを詳しく知っていなければ、そのようなアピールはできないわけです。

就活は恋愛と同じ

これまでの流れ、恋愛と同じだと思いませんか?

例えば好きな人がいて、付き合いたい(=ある病院に就職したい)としましょう。

付き合いたければ、相手にアプローチし、自分をアピールする必要があります。つまり自分を知ってもらうわけです。

ここで、この恋愛が上手くいくかは相手の気持ちに委ねられます。上手くいく場合というのは、相手の需要に応えられるときです。(=ある病院において必要な人材と判断されたとき)

要は、就活って相手次第なんです。

もちろん、自分の価値を高める必要もあるし、それを分かってもらう必要があります。

しかし、病院側が欲している人材でなければ、どんなに価値の高い人間でも採用されることはないです。(例えば、その年は女性しか採用しないと決めていた病院に、男性が採用されることはない)

もし振られても気にせず次に行けばいいんです。

落ち込んでいる時間はないのですから。

面接は練習あるのみ

上記のマインドを持ったら、あとは練習あるのみです。以前の記事でも書きましたが、練習相手を見つけ、時間を決めて練習しましょう。

フィードバックなんかも大切になるので、複数人で練習するといいと思います。

練習を何回もすれば、自然と自分に自信がついてきます。

おわりに

新卒・既卒に限らず為になると思いましたので紹介します。

タイトルは「転職の思考法」というものです。就職先を選ぶ前の考え方、そして就職試験に向けた考え方につながると考えています。

転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく、確かな「判断軸」である。一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法。
ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で働く診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師に向けた内容や、仕事に役立ちそうな内容を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。