一般撮影・ポータブル撮影

骨折を疑う場合のレントゲンは2方向撮影

胸腹部のレントゲンは1方向の撮影のみで終わる場合がしばしばあります。

一方、骨撮影はどうでしょうか。

基本的には、2方向撮影をするかと思います。

では2方向撮影の意義とは何でしょうか。

骨撮影で2方向撮影をする理由とは

骨撮影にて2方向撮る理由は、ほとんどの骨折や脱臼は1方向のみでは検出できないためです。

2方向とは通常、直交する方向を指します。

例えば、骨折線とX線入射方向が垂直になったとき、画像としてはどのように見えるでしょうか。

垂直になってしまうと、骨折線はほぼ見えないです。

そこで、90度振った方向から2方向目の撮影をすると、見えやすくなるというわけです。

脱臼も同じで、脱臼している方向に対しX線入射方向が垂直になると、一見そこまで脱臼しているようには見えない場合があります。(例としては、手指の脱臼)

肩関節や股関節の脱臼は比較的、正面像1枚でも脱臼しているかどうか分かります。

2方向より多く撮る場合

2方向撮ることが有用と書いていますが、骨折の検出が困難となりやすい部位は3方向以上撮影するのが望ましいです。(例としては、舟状骨)

例に挙げた舟状骨であれば、「正面・斜位・側面」といったところでしょうか。

まあ今ではCT検査によって多くの情報を得ることも可能ですが。

2方向撮らない場合は無いが…

2方向撮らないパターンはほぼ存在しません。

ただし、綺麗に2方向、直交した状態で撮影することが困難なパターンがあります。

外傷患者の撮影

通常の撮影とは異なり、制限があることが多く、必ずしも90度直交するように撮影はできません。

そもそも撮影基準線などに合わせて撮影するのが困難です。

また、撮影する際は逐一、医師と確認しながらポジショニングをする必要があります。あらぬ方向に動かしてしまっては、元も子もないですからね。

医師にも患者さんにも声掛けをしながら撮影に入ることがポイントです。

通常のポジショニングが困難な場合

小児や、拘縮の強い方など、こういった場合も普段の綺麗な2方向とはいかないことが多いです。

なので、どうしたら上手く撮れるか、というのを頭でしっかり考える必要があります。

特殊なパターンについては、モダリティ内で撮り方を共有しても面白いかもしれません。

内科医も、これは読めたほうがいいんでナイカイ?プライマリ・ケアの現場で多くみられる首・肩・手・腰・膝・足の痛み。内科医に必要な整形疾患に関する知識、X線画像の読み方、診断のポイント、そして記憶に残る覚え方を多くの写真やイラストとともに解説。高齢者によくみられる疾患だけでなく、子どもの骨&関節の特徴もわかる。レベルアップのための練習問題も付いてます
ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で働く診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師に向けた内容や、仕事に役立ちそうな内容を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。