インシデント

点滴(ルート)を抜去してしまったときの対処方法

患者さんの中には、点滴をしている方がいます。
もし点滴を抜去してしまった場合、どのように対処したらいいか紹介します。

コメディカルが知っておくべき医療機器の名前と簡単な解説一覧

点滴バックからルートを抜いてしまった場合

1.ルートの先端部をペアンなどでクランプする。

抜けた部分が空気に触れるということは、逆行的に感染を生む恐れがあります。
なるべく空気に触れるのを防ぐ必要があります。

抜けてしまったらすぐにクランプしましょう。僕らは普段ペアンを持ち歩いているわけではないので、ルートを折り曲げるのが手っ取り早いです。

2.ルートが不潔にならないように保持し、医師や看護師を呼ぶ。

僕ら放射線技師は、ルート類をどうこうするというのは難しいわけです。資格上、ルートを確保したりできないので。

すぐにその対処ができる、医者や看護師を呼びましょう。

患者さん自身から留置針を抜いてしまった場合

1.アル綿で抜針部を抑える。

先ほど紹介したルート抜去とは一味違い、こちらの方がかなり危険です。
針を抜くということは出血もしますし、無理矢理抜くわけですから、血管を損傷する可能性もあります。

感染を生む恐れも当然ありますが、先ずは消毒&止血が優先です。
アル綿(アルコール禁の場合はそれに準ずるもの)を折りたたみ、しっかり抑えましょう。

2.止血を続けながら、医師や看護師を呼ぶ。

止血してからの対処も、やはり医師や看護師に行ってもらうしかありません。
すぐにその対処ができる、医者や看護師を呼びましょう。

ルートを再確保する場合もあります。

抜去をしないことが一番だが…

当たり前の話ですが、ルートなんて抜去しないに越したことはありません。

しかし、何らかの原因で抜去してしまうこともあります。最悪の事態を想定しておくのは、医療安全を担保する上で不可欠だと考えております。

上記のやり方はあくまでも僕のやり方ですので、各自、自分の施設にて確認してください。

病棟ポータブル撮影を安全・迅速・円滑に行うコツ

ABOUT ME
rad-yamato
rad-yamato
大規模病院で働く診療放射線技師5年目。趣味は昼寝・筋トレ(現在ヘルニアのため中断)・料理・読書など。ブログには新人放射線技師に向けた内容や、仕事に役立ちそうな内容を書いています。 公式LINEアカウントもありますので、気軽にご相談ください。